文字サイズ

追い風なら9秒台? 山県亮太が復活走

  「陸上・織田記念国際」(29日、エディオンスタジアム広島)

 男子100メートル決勝では地元広島出身の山県亮太(23)=セイコーホールディングス=が向かい風2・5メートルの悪条件の中、10秒27で優勝した。

 ロンドン五輪代表の山県が、地元広島で復活ののろしを上げた。好スタートから一気に飛び出し、後半もしっかりと加速。前年優勝のケンブリッジ飛鳥(ドーム)らを圧倒した。向かい風2・5メートルの悪条件で10秒27は、向かい風1・5メートル以上の条件の中では日本歴代最速。無風なら10秒0台前半、追い風なら9秒台だった可能性すらあるタイムだ。久々の会心のレースに「久々に気持ちのいいレース。ホッとしました。曇っていた道が開けた」と、頬を緩めた。

 ロンドン五輪では10秒07の五輪日本人最速タイムをマークし、日本人初の9秒台も期待された素材だ。昨季は腰痛に苦しみ、話題は年下の桐生祥秀(東洋大)にさらわれた。5月8日のゴールデングランプリ川崎ではその桐生と対決。日本人初の9秒台への期待も高まる。「苦しい時期があったから、自分を見つめ直せた。これでちゃんと勝負できると思える状態になった」と、宣戦布告した。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス