文字サイズ

闇カジノ賭博 桃田は無期限出場停止

 国内の違法カジノ店でバドミントン男子のエース桃田賢斗(21)と、12年ロンドン五輪代表の田児賢一(26)=NTT東日本=がバカラ賭博を行っていた問題で、日本バドミントン協会は10日、都内で緊急理事会を開き、田児について無期限の登録抹消、桃田には日本代表指定から除外、無期限の大会出場停止の処分を決定した。

 理事会では常習性のあった田児について、永久追放にあたる除名を求める声も上がったが、ある理事は「自分たちでしっかり管理した方がいいということになった。まだ若いし、更正まで見届ける義務がある」と話し、協会員に戻れる余地を残した登録抹消となった。

 理事会後、会見に臨んだ銭谷欽治専務理事は「手塩に育ててきた選手。崖に突き落とす感じはしている。悲しいし、悔しい」と苦渋の決断を明かした上で、「(桃田は)21歳で可能性のある選手。長年掛けて、這い上がってきて欲しい」と、話した。

 その他、田児とともに賭博が発覚したB代表の古賀輝は日本代表指定の除外と、1年間の大会出場停止、残る3選手と2人のOBには6カ月の大会出場停止処分を下した。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス