文字サイズ

北島引退 平井コーチ涙「北島ロスに」

競技後、スタンドに向かって手を振る北島康介=東京辰巳国際水泳場(撮影・西岡正)
3枚

 「競泳・日本選手権」(8日、辰巳国際水泳場)

 男子200メートル平泳ぎ決勝が行われ、04年アテネ五輪、08年北京五輪2大会連続2冠の北島康介(33)=日本コカ・コーラ=は2分9秒96で5位に終わり、リオ五輪出場の可能性が消滅。レース後、現役引退を表明した。

 中学2年生の時から指導し、苦楽をともにしてきた平井伯昌コーチは、レース終了後、涙しながら「ずっと日本のトップで世界のトップで、誰もが憧れる選手になってくれた。速くて、強くて、人の面倒見もいい。(年齢的に)練習では1番苦しいはずなのに、1番楽しそうに練習をしてくれた。すごい選手になってくれた」と、教え子をねぎらった。

 その後もさまざまな思い出を語った平井コーチ。最後は「北京五輪後は引退を覚悟してたんですけどね。今回はできてない。ロス状態になるんじゃないかな。北島ロスに」と、笑った。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      スポーツ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(スポーツ)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス