文字サイズ

ショートの元世界王者死去韓国の23歳、盧珍圭

 韓国スケート連盟は4日、スピードスケート・ショートトラック男子の元世界王者、盧珍圭が3日に骨肉腫のため、23歳の若さで死去したと発表した。ロイター通信が伝えた。

 盧は2011年の世界選手権で総合優勝。13年9月に左肩の腫瘍が見つかり、手術を遅らせて14年ソチ冬季五輪を目指したが、大会前のけがで出場はかなわなかった。(共同)

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス