文字サイズ

レスリング高谷、弟とタッグでリオ金だ

レスリング男子で、リオ五輪出場枠を獲得し帰国した(左から)高谷、樋口、井上、太田
1枚拡大

 レスリングのリオデジャネイロ五輪アジア予選(カザフスタン・アスタナ)で出場枠を獲得し、五輪代表を決めた男子フリー74キロ級の高谷惣亮(26)=ALSOK=が22日、成田空港に帰国した。

 先月末に右膝じん帯を損傷しながら、強行出場で2大会連続の五輪切符をもぎ取った男子エースは「出発前の報道陣の皆さんの不安そうな顔から、口角が上がった顔に変えられて気持ちがいい」と“ドヤ顔”で喜びを表した。

 試合はぶっつけ本番ながら、準決勝では14年アジア大会王者を撃破。「自信になる戦いになった。相手も相当強くて、絶対に勝てるという自信はなかった。でもみんなが祈るように応援してくれていたので(力になった)」と振り返った。

 14年世界選手権代表の弟・大地(拓大)もチームで帯同し「兄ちゃんの夢を一緒に後押しする」と、整骨院で教わった施術や栄養管理などで献身的にサポートしてくれた。「弟が部屋も一緒で、ずっといたので家みたいでアウェー感はなかった。アイツがいると調子がいい」と高谷。「五輪も一緒に行きたい」と、リオでも兄弟二人三脚で金メダルを目指す。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス