文字サイズ

怪物ハキームまた快挙!ボルト超え

2冠を達成したサニブラウン・アブデル・ハキーム
2枚2枚

 日本の怪物高校生が、またもや大快挙を達成した。19日(日本時間20日)、コロンビア・カリで行われた陸上の世界ユース選手権男子200メートルで、100メートルを制したガーナ人の父を持つサニブラウン・アブデル・ハキーム(16)=城西大城西高=が03年大会のウサイン・ボルト(ジャマイカ)の大会記録20秒40を上回る20秒34の大会記録をマークし、2冠を達成。8月の世界選手権(中国、北京)の参加標準記録20秒50をクリアし、追加での代表入りも濃厚となった。

 伸び盛りの怪物ほど恐ろしいものはない。ハキームはコーナーで早くも先頭に立つと向かい風0・4メートルのコンディションをものともしない、力強い走りで2位に0秒23差をつける圧勝。20秒34は桐生祥秀が持っていた日本高校記録(20秒41)を塗り替え、シニアでも日本歴代8位となる好記録だ。出発前、「ワクワクが止まらない。ランキングトップなので、100、200メートルで2冠。200メートルは世界選手権の標準記録も狙っていきたい」と話していた16歳は、その全てを成し遂げ、世界を震撼させた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス