文字サイズ

選手団追放の冨田 令状請求されぬ方針

 アジア大会競泳代表の冨田尚弥(25)=チームアリーナ=が韓国人カメラマンのカメラを盗み、日本選手団を追放された問題で、韓国の通信社「聯合ニュース」は27日、冨田が犯行を認め、盗難品も回収されたため、警察は令状を請求しない方針と伝えた。盗まれたのは韓国記者のカメラ「キヤノンEOS1DX」だったという。

 日本オリンピック委員会によれば、冨田は警察での事情聴取後、被害者に謝罪。握手も交わしたという。選手村に戻ってきた冨田と面談したという関係者は本人の様子について「自分でも驚いているのか、あっけにとられているような様子。ポカンとしている感じ」と、話した

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス