文字サイズ

日本ハム・大谷 最速の162キロ連発

西武戦に先発した日本ハムの大谷=札幌ドーム
1枚拡大

 「日本ハム-西武」(15日、札幌ドーム)

 日本ハム・大谷翔平投手(21)が先発し、五回に、日本最速記録となる自己最速タイの162キロを2球マークした。

 1点リードの五回無死一、二塁。メヒアへの3球目に投じた直球は、球速表示は162キロ。カウント1ボール2ストライクと追い込んだが、4球目の161キロの直球をはじき返され、これが右翼フェンスを直撃する適時二塁打となり、同点とされた。

 続く中村は見逃し三振に仕留め、さらに浅村へファウルとなった3球目に162キロを計時。4球目にフォークを投じて見逃し三振を奪うと、鬼崎も空振りでこの試合9個目となる三振を奪った。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス