文字サイズ

千葉黎明が2季連続8強、川口7回完投

 「春季高校野球千葉大会3回戦、千葉黎明9-1中央学院」(29日、千葉県天台)

 千葉黎明が七回コールド勝ちし、昨秋に続く8強入りを決めた。

 プロ注目右腕・川口廉投手(3年)が7回5安打1失点で完投。強風の中でも3四死球と制球を乱さず、直球、変化球ともに低めに集めて要所を締めた。

 「風の影響で単調にならないように。センターからレフトに(風が)吹いていたけど、あえて内角を使いました」と細心かつ大胆な投球。これまでは四球で崩れることも多かったが「しっかりと切り替えてアウトを取れた」と、納得の表情を浮かべた。

 「エースがきちっとしたピッチングをしてくれた。チームの安定感という意味でもよかった」と荒井信久監督。ひと冬で体重を6キロ増やし、心身ともにたくましくなった背番号1に、目を細めていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス