文字サイズ

武白志も清宮に脱帽「末恐ろしい」

2回、安打で出塁した九州国際大付・山本武白志(左)は塁上で早稲田実・清宮幸太郎と並ぶ
3枚

 「全国高校野球・準々決勝、早実8-1九州国際大付」(17日、甲子園)

 プロ注目のスラッガー・九州国際大付(福岡)の山本武白志(むさし)内野手(3年)は4打数1安打に終わり、チームも早実(西東京)に敗れた。胸を張って取材に対応しつつ、2試合連続本塁打を放った早実の清宮幸太郎内野手(1年)については「末恐ろしい」と脱帽した。

 試合後は「人前で泣くのは好きじゃないので」とき然とした態度で報道陣に応対した山本。大量ビハインドで迎えた九回1死からの最終打席では「これが最後になる。ホームランか三振でいいと思った。結果はしょうがない」と高めのボールをフルスイングした。やや詰まったことで中堅の定位置までしか飛距離は出なかった。

 それでも第1打席で痛烈な中前打を放ち、第3打席では「ちょっと体の開きが速かった」と左翼ポール際へ特大のファウルを打った。現時点で今大会最多となる3本のアーチをかけたスラッガーは「やり切った。楽しかったです。3年間で一番、いいバッティングができた」と納得の表情を浮かべる。

 整列後に早実のスーパー1年生・清宮と握手を交わした。「目があって向こうから寄ってきてくれた」という1年生に「頑張って」と声をかけた。「ホームランは1年生の打球じゃない。末恐ろしい。まだ2年半あるので、頑張って欲しい」とエールを送った山本。進路はプロ一本に定めており「人を魅了できるプレーヤーになりたい。自分のアピールポイントは打撃なので」と次なるステージを見据えていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス