文字サイズ

プロ野球タイ1回3死球で警告試合

9回、イニング3つ目の死球を受けベンチを飛び出す栗山監督(中央)
1枚拡大

 「オリックス3-8日本ハム」(8日、京セラ)

 九回、山本球審によって「警告試合」が宣告された。

 この回から登板したオリックス・塚原が、先頭の中田にいきなり死球。1死一塁から大野にも死球を与えると、2死一、二塁から岡に対しても死球。プロ野球タイ記録となる1イニング3個目の与死球となった。

 ここで両軍がベンチから飛び出し、あわや乱闘という殺伐とした雰囲気に。結局、乱闘は避けられたものの「警告試合」として試合再開となった。

 「(塚原は)ちょっと内側の球の精度が悪かった」と高山投手コーチ。塚原は試合後「力が入ってしまった」と反省していた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス