文字サイズ

バレンティン、キャンプ開始間に合わず

 ヤクルトは4日、ウラディミール・バレンティン外野手(30)が契約を更改したことを発表した。9000万円増の3億円で、来季は3年契約の2年目。

 10月1日に左アキレスけんを手術したバレンティンは米国でリハビリ中で、奥村国際担当は「順調との報告だが、キャンプの頭からは考えていない。来年1月の状態を見てから話し合う」と、春季キャンプ開始には間に合わないとの見通しを示した。

 また、来季は2年契約の2年目となるラスティングス・ミレッジ外野手(29)が8100万円増の2億2800万円、トニー・バーネット投手(31)が1800万円増の1億8600万円、オーランド・ロマン投手(36)が1160万円増の5160万円でそれぞれ契約更改。クリス・カーペンター投手(28)とは交渉中、クリス・ナーブソン投手(32)とは来季の契約を結ばないことも合わせて発表された。(1ドル=120円で換算、金額は推定)

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス