文字サイズ

シリーズ史上No.1の辛さ、バーガーキングのクセになる新作

ハンバーガーチェーン「バーガーキング」(本社:東京都千代田区)から、「スモーキーワッパー」シリーズ史上最も辛いバーガーが登場。8月5日より発売された。

燻製のように香ばしくピリ辛な「スモーキーソース」を使った同シリーズ。これまで「サルサ&アボカド」やビーフパティにオニオンリングを重ねた「ウエスタンスモーキーワッパー」などを販売し、ファストフード店とは思えない本格的なバーガーにSNSでは「食べ応え半端ない!」「やっぱりバーガーキングは一味違う」と絶賛する声が寄せられてきた。

第4弾目となる今回の新作では、ハラペーニョをベースとした独特の香味とキレの良さが特徴の激辛「グリーンチリソース」を採用。シリーズ史上1番の辛さながら、同店自慢の直火焼き100%ビーフパティ、レタスやトマトといった具材と相まってクセになる味わいに仕上がったという。

「グリーンチリ BBQスモーキーワッパー」の価格は790円。このほか、フレンチフライとドリンク(ともにMサイズ)が付いて1090円のセットや、手頃なサイズの「グリーンチリ BBQスモーキーワッパーJr.」(490円)も同時発売されている。

(Lmaga.jp)

関連ニュース

編集者のオススメ記事

関西最新ニュース

もっとみる

主要ニュース

ランキング(芸能)

話題の写真ランキング

デイリーおすすめアイテム

写真

リアルタイムランキング

注目トピックス