文字サイズ

注目の宝塚男役5名が抜擢、CMで新たな「風」吹かせる

「ダイキン工業」(本社:大阪市北区)が、宝塚歌劇団の男役5名を、ルームエアコン「うるさらX」のCMキャラクターに起用したことを10月20日に発表し、22日から新CMを放映。SNSでは「みなさん麗しい」「ダイキンさんありがとう!」など、早速話題となっている。

CMキャラクターを務めるのは、入団8年目の月組・風間柚乃(かざま ゆの)、花組・聖乃(せいの)あすか、星組・極美 慎(きわみ しん)、入団7年目の雪組・縣 千(あがた せん)、入団6年目の宙組・風色日向(かぜいろ ひゅうが)。それぞれ新人公演で主演するなど、華と実力を兼ね備えた男役たちで、5名とも「2025年日本国際博覧会アンバサダー」にも就任している。

風間は、10月18日に宝塚バウホール公演初主演作『LOVE AND ALL THAT JAZZ』の千秋楽を迎えたばかり。芝居心あふれる演技や歌で魅せ、大きな飛躍を感じさせた。このように注目を集める100期生の風間・聖乃・極美をはじめ、幅広い役を柔軟にこなす縣、男役としての資質に恵まれた風色と、次代を担うタカラジェンヌがテレビCMで新たな「風」を吹かせる。

同社の広報担当者は5名を起用した理由について、「宝塚歌劇団で培った凛とした雰囲気、説得力のある演技で、1年中快適な空間をつくり出す『うるさらX』の多彩な機能を伝えるため」とコメント。舞台とは異なる新たなフィールドで、彼女たちがどのような表情を見せるのか、期待が高まるところだ。

なお、同社のCMキャラクターの前任者は、8月15日に宝塚歌劇団を卒業した元月組トップスターの珠城りょう。2014年12月から宝塚歌劇団卒業まで務め、テレビCMではキャリアウーマン風の爽やかな演技を披露していた。彼女も頼もしい後輩たちを温かく見守っているのではないだろうか。

「うるさらX」は換気をしながら、冬には加湿暖房、夏には除湿冷房、梅雨時などには「さらら除湿」、年間を通じてはストリーマ空気清浄をおこなう同社の最高級モデル。彼女らが出演する新テレビCMは9月下旬に撮影。10月22日から一部地域を除く全国で放映される。

文/小野寺亜紀

(Lmaga.jp)

関連ニュース

KobeShimbun

編集者のオススメ記事

関西最新ニュース

もっとみる

主要ニュース

ランキング(芸能)

話題の写真ランキング

デイリーおすすめアイテム

写真

リアルタイムランキング

注目トピックス