文字サイズ

朝ドラ『スカーレット』第57回(12月4日)・湧き上がる陶芸への意欲

日課の絵柄を描く練習をする喜美子(戸田恵梨香)だが・・・ (C)NHK
1枚拡大

女性陶芸家を目指すヒロインの半生を描くNHK連続テレビ小説『スカーレット』。 第57回(12月4日放送)では、母の後押しを受け喜美子がある決意をする。

喜美子(戸田恵梨香)たち川原家のもとに、東京で働く次女・直子(桜庭ななみ)から電報が届く。その内容は3通に渡る切実なもので、心配する喜美子たちは家族会議の末ある結論を出す。

一方、喜美子は火鉢に絵付けをしつつも、湧き上がる陶芸への思いを抑えきれないでいた。母・マツ(富田靖子)に相談して決意した喜美子は、「陶芸を学ばせてほしい」と八郎(松下洸平)に頼み込む。すると、八郎からは意外な答えが返ってきて・・・。

一人前の絵付け師に成長した喜美子の心の機微が描かれる第10週。放送は、2020年3月28日までの全150回。


(エルマガジン)

関連ニュース

デイリーペディア

関西最新ニュース

もっとみる

主要ニュース

ランキング(芸能)

話題の写真ランキング

デイリーおすすめアイテム

写真

リアルタイムランキング

注目トピックス