文字サイズ

バイト多数も借金700万の鈴木もぐら「劇場動員数を増やしたい」

5周年を迎えた若手育成劇場「よしもと漫才劇場」(大阪市中央区)で2日に会見が開催。東京の若手芸人を代表して「よしもと∞ホール」のメンバーも招かれ、空気階段の鈴木もぐらが身の上を明かした。

夜勤明けで大阪に来たという鈴木。借金返済のために現在、多数のバイトを掛け持ちしているといい、なかでも特に高額なバイトとしてあげたのが、「アイドルイベントでアイドルとファンをチェキで撮影する仕事」だ。

ステージ上では「お前がタレントやろ」とツッコミを浴びたが、鈴木の容姿は、アイドルファンから見ると非常に安心できるそうで、信頼して撮影を頼まれるのだとか。

しかし、どれだけ働いてもなぜか借金は増え続ける一方で、現在は「700万円を超えている」と告白した。

若手芸人の人気が高まり、連日賑わう同劇場。借金まみれの鈴木から大阪を見ると「常に劇場が満員の状態はうらやましく、東京でもそれを追う形で動員を増やしたい」という。バイトではなく、舞台の上できっちり借金を返済することに期待したい。

取材・文・写真/谷知之

(Lmaga.jp)

関連ニュース

デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    関西最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス