文字サイズ

京都タワーで、インターナショナルな化け物屋敷

7月20日から京都タワーではじまる『ゾクッ!京都タワー化け物屋敷』のイメージ
1枚拡大

京都のランドマーク「京都タワー」(京都市下京区)で7月20日から、イベント『ゾクッ!京都タワー化け物屋敷』が開催される。

一昨年、30年ぶりに復活してから趣向を凝らしている同施設の化け物屋敷。2018年はお化け役が突如漫才をはじめるなど『おもしろ怖い』を目指し、今年はインバウンドの観光客が多い最近の京都事情を反映して、インターナショナルな企画を目指すという。

タワー内を洋館のお屋敷に見立てて、ヨーロッパで聖木とされる「ヒイラギ」がキーアイテムに。おどろおどろしい館内にある棺を探し、このヒイラギを使って『悪霊封じ込めの儀式』をおこなうミッション型となっている。また、登場するのも日本のお化けではなく、ヨーロッパ系の化け物が中心になるそうだ。

期間は9月1日まで、営業は12時~20時半。入場券は500円で、展望室とのセット入場券は大人1000円。


(エルマガジン)

関連ニュース

デイリーペディア

関西最新ニュース

もっとみる

主要ニュース

ランキング(芸能)

話題の写真ランキング

デイリーおすすめアイテム

写真

リアルタイムランキング

注目トピックス