文字サイズ

大丸心斎橋の本館が9月に復活、スタイルが激変

 現在、工事がおこなわれている大丸心斎橋店の本館(11日撮影)。9月20日にオープンする。
1枚拡大

2015年から建て替えのため閉館していた「大丸心斎橋店」(大阪市中央区)の本館が、9月20日にオープン。約300年続く歴史のなか、百貨店としての新スタイルを打ち出すことが11日の記者会見で発表された。

1726年に前身の「松屋」として現在の位置に開業。建築家ウィリアム・メレル・ヴォーリズによる設計で1933年に増築工事が完成してから、86年ぶりの大型建て替えとなった。その際にヴォーリズによる名建築を惜しむ声が多数届いたため、御堂筋側の外壁はそのまま再現され、1階の天井などには保存・改修した装飾が活かされる。

ただ、百貨店としてのスタンスは一新され、「(系列の商業施設)ギンザ シックスの成功を活かす」と、「大丸松坂屋百貨店」の代表取締役・好本達也さんが明言。ライフスタイル提案型のカテゴリーにこだわらないフロア構成、アートと融合した空間造りのほか、一番大きな変化は7割の店舗がテナントとなること。各ブランドが、それぞれのコンセプトで店舗デザインを設計し、それぞれの方針で運営することを狙いとする。

1~3階、4階の一部に入店予定のコスメティック、ラグジュアリーファッションやジュエリーなどの3割のみが百貨店としての管轄に。今後は外商サービスや、ポイント制度などは設けるものの、催事スペースは予定していないなど、関西の百貨店としては革新的な変化を遂げる。

「契約形態はハイブリッド型に。シームレスに楽しめるフロア構成で、ここに来なければ得られないベネフィット(恩恵)を伝えたい。百貨店の新しい理想型を目指す」と好本さんは語った。11日時点では総店舗数370店舗、うち新業態は50店舗、関西初は37店舗。また、現在営業している北館は改装を控えており、2021年に「パルコ」と「専門店街」の複合施設としてオープン予定。


(エルマガジン)

関連ニュース

デイリーペディア

関西最新ニュース

もっとみる

主要ニュース

ランキング(芸能)

話題の写真ランキング

デイリーおすすめアイテム

写真

リアルタイムランキング

注目トピックス