文字サイズ

絶景の花菖蒲を見ながら野点 大阪「山田池公園」で茶道体験

1枚拡大

満開の菖蒲を見ながら茶道に触れる『花菖蒲を愛でながら家族で茶道体験』が9日、「山田池公園」(大阪府枚方市)で開催。快晴のなか、131人の人々が日本の伝統文化を堪能した。

このイベントは、「山田池公園」の指定管理者グループ「ハートフル山田池」が企画したもの。日本伝統園芸植物であるハナショウブが咲き誇る時期に、日本伝統文化の茶道を家族一緒に体験することで、日本の伝統文化の伝承を図ったり、家族の会話のネタを提供できれば、と催された。

会場は、花菖蒲園を一望できるスペースにテントを張り、ゴザを敷いたベンチに茶道具を置いて茶席を作る。千利休から始まったという「野点」(野外でたてる茶の湯)だ。生け花や菖蒲をモチーフにした抹茶茶碗なども用いられ、家族で訪れた尾崎依里さん一家は、「母も私も抹茶は好きなのですが、茶道は敷居が高いイメージ。公園は気軽に連れて行けるし、作法も気にしなくていい。子どもたちに日本の文化を体験させられるのもとてもうれしいです」と笑顔。

今回のイベントを手伝った鈴木宏昌くんは、「返しの紙を渡すときに早くやらなければならないところが大変でした。菖蒲がとてもキレイでどちら(茶席の生け花と菖蒲)も好きです」と話した。本イベントは来年も開催される予定(時期は未定)。

取材・文・写真/岡田由佳子


(エルマガジン)

関連ニュース

デイリーペディア

関西最新ニュース

もっとみる

主要ニュース

ランキング(芸能)

話題の写真ランキング

デイリーおすすめアイテム

写真

リアルタイムランキング

注目トピックス