文字サイズ

ブルーにライトアップ JR奈良駅旧駅舎

1枚拡大

11月11日から14日まで期間、日没から夜10時まで青い光に照らされているJR奈良駅旧駅舎(奈良市三条本町)。『世界糖尿病デー』にあたる14日の昼間には、ご当地キャラのしかまろくんも登場。道行く人にビラや歯ブラシが配られた。

JR奈良駅旧駅舎はJR奈良駅に隣接し、かつて古都の玄関口として親しまれていたスポット。現在は、奈良市総合案内所として活用されている。このブルーライトアップは『世界糖尿病デー』の時期にだけ実施される特別なイベントで、国連キャンペーンのテーマカラーのブルーが使用されている。行き交う人々は足を止め、スマホやデジカメを片手に鮮やかなライトアップに見入っていた。

最終日の14日には、奈良市観光協会のマスコットキャラクター「しかまろくん」も登場。キャンペーンのビラと歯ブラシが配られた。ところで「なぜ歯ブラシ?」と思った人が多かった。実は歯周病予防が糖尿病予防につながっているのだ。

奈良市健康増進課の三谷祐子さんは、「若い方でも積極的に健康診断を受けてほしい。自覚症状が出てからではなく、普段から健康を維持する意識を持ってもらえれば」と話す。なるべく階段を使うとか、よく噛んで食べるとか、この機にちょっと意識して欲しいとアピールした。ライトアップは14日・夜10時まで。

取材・文・写真/今泉光太郎


(エルマガジン)

関連ニュース

デイリーペディア

関西最新ニュース

もっとみる

主要ニュース

ランキング(芸能)

話題の写真ランキング

デイリーおすすめアイテム

写真

リアルタイムランキング

注目トピックス