文字サイズ

【競輪】大久保花梨 久留米で即日あっせん解除 通信機能なしの携帯電話を預け忘れ

通信機能なしの携帯電話を預け忘れ、出走中の久留米競輪であっせん解除となった大久保花梨
1枚拡大

 11日開幕の久留米競輪F1(S級シリーズ)に出走中の大久保花梨(20)=福岡・112期・L1=が初日(11日)のレース後、携帯通信機器の預け忘れによる「管理秩序違反」のため、2日目(12日)以降の競走があっせん解除となった。

 大久保は自家用車を利用して開催に参加。初日のレース後、駐車場の前を通りかかった参加中の選手が「車内に携帯電話のようなものが置いてある」と開催指導員に通報したため、発覚した。

 その携帯電話自体は通信会社との契約が解除された機器で、通信機能はなくオーディオプレーヤーとしてのみ使用。契約中の携帯電話は管理に預けられていたという。問題の機体に通信機能はなかったが、機器自体の持ち込みが選手管理の罰則に抵触。即日、あっせん解除が決まった。

 後日、あっせん規制委員会等で処分が決定されるが、日程は未定。大久保は自粛期間、JKAによるあっせん規制期間を経ての復帰になる。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    競馬・レース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(競馬・レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス