文字サイズ

【競輪】児玉選手自殺か…7月には逮捕

 競輪で元賞金王の児玉広志選手(46)が急死していたことが6日、分かった。5日18時30分ごろ、香川県土庄町の自宅で亡くなり、家族から日本競輪選手会香川支部に連絡があった。死因は不明だが、自殺と見られる。

 児玉選手は元交際相手で群馬県在住の女性フリーアナウンサーに電話やメールを繰り返したとして、ストーカー規制法違反の疑いで群馬県警が7月1日に逮捕。同21日に前橋区検が脅迫の罪で略式起訴し、前橋簡裁は罰金30万円の略式命令を出していた。

 逮捕容疑は、6月4~17日までに女性の携帯電話に14回電話し、「夜まで待っても連絡も来ない」「お互いに社会的信用はなくなりますが、それでもいいと思っています」などのメールを3回送った疑い。女性は5月に交際を解消。伊勢崎署に相談して発覚した。

 事件を起こした児玉選手の処分について、日本競輪選手会は今月中に綱紀審議委員会を開いて諮る予定だった。過去の事例から、最も重い選手登録消除の処分は免れ、数カ月の出場停止にとどまる見込みだった。

 児玉選手は香川県出身で、1990年にデビュー。2000年に東京・立川競輪場で行われたKEIRINグランプリに初優勝し、賞金王にも輝くなど、長らくトップレーサーとして活躍した。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      おくやみバックナンバー最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス