文字サイズ

F1ビアンキ死去 昨年日本GPで激突

 昨年10月に行われたF1日本GPで頭部を負傷したジュール・ビアンキ(フランス)が、フランス・ニースの病院で死去したと18日、家族が発表した。25歳だった。F1レース中の事故でドライバーが死亡したのは、1994年サンマリノGPのアイルトン・セナ(ブラジル)以来。

 マルシャ・フェラーリに所属していたビアンキは、三重県鈴鹿サーキットで、雨の中で行われたレース中に作業車に激突。意識不明の重体となり、三重県内の病院に搬送され、11月にニースの病院に移っていた。

 家族は両病院への感謝とともに「多くのメッセージを頂き、彼が世界の人々の心の中にいたのかが分かりました」との談話を出した。

 ビアンキは13年の開幕戦オーストラリアGPでデビュー。昨年5月の第6戦モナコGPで記録した9位が最高成績だった。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      おくやみバックナンバー最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス