文字サイズ

川谷ついに“卒論提出”で離婚成立

 タレント・ベッキー(32)との不倫騒動で時の人となったロックバンド「ゲスの極み乙女。」の川谷絵音(27)が、離婚したことを9日、自身の公式ブログで報告した。今年1月に週刊文春で不倫が報じられて間もなく、別居して離婚協議を進めていた。離婚した日は明らかにされていないが、川谷は8日にゲス-の全国ツアーが終了したばかり。公私で区切りをつけた形だ。

 ついに川谷が“卒論”を提出した。

 9日午後7時57分にブログ「絵音のかわた日記」で「我々夫婦は話し合いの末に離婚しました事をご報告致します」と報告。「これからもミュージシャンとして、1人の人間として、成長していけるように頑張ります」と殊勝につづった。

 前日、川谷の実家がある長崎でツアーを終えたばかり。川谷は終演後、「ツアー終わっちゃって寂しいな。みんなありがとうね。俺は一生歌います」と決意を新たにするようにツイートしていた。

 発端は1月7日発売の週刊文春の報道だった。発売前日にはベッキーが所属事務所で不倫関係を否定したが、21日の続報で2人のLINEが流出。「友達で押し通す予定」「センテンススプリング」と口裏を合わせるような書き込みが批判され、ベッキーは芸能活動休止に追い込まれた。

 川谷はライブ活動を継続したが、関係者によれば「その裏で、騒動が発覚した直後から2人は別居し、離婚協議に入った」という。

 3月10日発売の文春では、電話取材に応じた川谷が「もう別居中ですね、ずっと」と明かし、離婚協議についても「2人でちゃんと話し合いを今、しています」と認めている。

 4月27日発売の文春ではベッキーが同誌編集部に宛てた手紙が掲載された。ベッキーは「恋愛関係だったと言うべきでした」と認め、「川谷さんへの気持ちはもうありません」「もう川谷さんとは関係がない」と明記。「奥様へ謝罪したい」とつづっていた。

 ゲス-は14日、堺で行われるロックフェスに出演。翌15日には川谷がゲス-と平行して活動しているバンド「indigo la End」も出演する。indigoの全国ツアーは6月17日に広島で開幕。妻もベッキーも失った川谷に残ったのは、音楽だった。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      結婚・離婚バックナンバー最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス