文字サイズ

お年頃メーク「ちっともかわいくないわよ」

  「今日の楽屋弁当は天ぷらだったの?」

 「8時だョ!全員集合」の生放送が終わり家に帰ると、いきなり母がそう言った。

 「ええ?違うけど、なんで?」すると、「テレビ見てたら、唇がギラギラ光っていたから、天ぷらの食べすぎかと思ったのよ」

 高校生になったカンコもお年頃。当時流行していたリップグロスを初めてぬって、自分では相当イケてると思っていたのに!

 「目の上もどこかでぶつけたの?」うっすらと青いアイシャドウを付けた時も、母はジョーク混じりに私をからかった。

 両親の希望で4歳から芸能界に入った私。子役時代は、母に連れられてテレビ局や撮影所にいった。いわゆるステージママとは違って、母は現場に着くと一切顔を出さず、スタジオの隅のほうで私を見守ってくれていた。

 そんな厳しい母は、アイドルとして売れっ子になったわが子を、心の中では喜んではいても、相変わらずチェックは怠らず、少女から大人になりかけて来た私のメークに目を光らせていた。

 「あのね、あなたは良いと思っているのでしょうけど、そのメークはちっともかわいくないわよ。そんなことしなくても、奇麗に産んであげているのだから、お止めなさい」買ったばかりのリップグロスとアイシャドウは、一度使っただけでサヨナラ。

 そう言えば、子役の頃の母の口癖は、「お調子に乗ってるんじゃないわよ」。

 大人の中で仕事をしていると、子役はおだてられることが多いので、母なりに上手に手綱をコントロールしていたのだろう。♪「私もそろそろお年頃 おしろい口紅つけたいな するとね みんながステキだって言うの…」。

 これは弘田三枝子さんの「子供じゃないの」。親から見れば幾つになっても、子供は子供。あれから40年。今ではお化粧しないと出掛けられない(笑)。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      林寛子コラム最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス