文字サイズ

中3で初めて経験したセクシーグラビア

初めて、撮影の時に、目を閉じた意味がわかた
1枚拡大

 デビューして、1年がたった頃。まだ中3の私にセクシーグラビアの仕事が来た!

 大人たちは、つぼみの花をなんとしてでも、咲かせようと必死。

 スタジオに用意された衣装は、胸の大きく開いたTシャツやシースルーのドレス。自分で買ったこともなければ、着たこともない物がズラリとハンガーにかけられていた。

 「どれが似合うかな?」

 カメラマンさんとスタイリストさんが私の顔色を窺っている。私としては、どれも着たくないし、そんなのを着たところで、いきなりセクシーな女性になるはずもない!

 抵抗の気持ちがわいてきたけど、どれかを着なければ仕事は終わらない。

 不機嫌な気持ちを抑えて、仕方なく、何とか着られる物を選び、カメラの前に立った。

 「奇麗よ、いいね。アイドルってかわいいね」を連発しながら、パシャパシャとシャッターを切りながら、「今度は風あててみようか?」と大きな扇風機が登場。スタジオ内に、人工の夏の風が吹きわたる。

 「へぇー、グラビアってこんな風に撮影するのか」と思いながら、あまりの褒め言葉に、さっきの不機嫌な気持ちが、いつのまにか、いい感じの笑顔になっていく。

 「ちょっと、髪をかきあげてみて」とか「目を閉じてみて」と注文ばかり。

 「この人、いったい私に何をさせたいのかしら?」

 数日後、そのグラビアが本屋さんに並んでいたのでページを開いてみた。

 林寛子ミルク色の14歳。年のわりには悩ましげな寛子チャン、そっと触れてみたい。口づけしようとしても、ミルクの匂いが気になる。と書かれていた。

 その時初めて、撮影の時に、目を閉じた意味がわかった(笑)。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    林寛子コラム最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス