文字サイズ

指原1位奪還2位に2万7千票差19万超え

 1位に輝いた指原莉乃
1枚拡大

 「第7回AKB総選挙」(6日、福岡・ヤフオク!ドーム)

 HKTの指原莉乃(22)が初の地方開催となった、地元福岡での総選挙で、2年ぶりの1位奪還を果たした。1人、断トツの19万票超えだった。2位は柏木由紀、3位は渡辺麻友。

 柏木の2位が確定すると、名前を呼ばれる前から涙を浮かべていた指原。2位に約2万7千票差をつけての19万4049票の得票と判明すると、飛び上がってガッツポーズ。「まさかこんなに素敵な景色をもう一度見ることができるとは思ってもいませんでした」と1位返り咲きに喜びの涙を流した。

 13年の第5回総選挙で初の1位に輝いたが、昨年は渡辺麻友(21)に連覇を阻まれた。今年は3年連続で速報値1位だったが、昨年の“大失速”があっただけに、「去年のことがあるので、油断せずに頑張ります」とコメント。1位となった場合の公約に「水着でコンサート」を掲げ、総選挙前日の5日には、報道陣を前に「1位になったら胴上げされたい!」とHKTメンバーを前におねだりしていた。

 指原の過去の順位は27位(09年)、19位(10年)、9位(11年)、4位(12年)、1位(13年)、2位(14年)だった。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス