文字サイズ

柏木由紀2位 笑顔で「今までで一番」

「第7回AKB総選挙」(6日、福岡・ヤクオク!ドーム)

 優勝候補のAKB48・柏木由紀は2位。速報順位で2位につけて指原莉乃を追走していたが、逆転による初優勝はならなかった。

 過去の順位は9→8→3→3→4→3位と推移。今回が最高位。

 2位が確定した瞬間、にこやかに、ただ少し悔しさをにじませたような表情で立ち上がり、笑顔で頭を下げた。

 スピーチに立つと「ありがとうございます。今までで一番いい順位頂きました。ありがとうございます!」とさわやかに声を張り上げた。

 今年は投票権が得られるファンクラブのモバイルサイトに入会し、初めて自身に1票投じたことを告白するなど“本気モード”だった。

 「今年の総選挙は速報2位で、今までで一番怖かったです。でも、どこかワクワクしていて、地元九州(鹿児島出身)のステージで、ここに立てたのは皆さんのおかげです」と笑顔で語った。

 「今年初めて、1位を獲りますと宣言しました。その夢にはあと1歩届かなかったですが、これまで傷つきたくないとか、いろんな気持ちがありましたが、私はもう逃げません」と誓った。

 今年5月までの1年間は、NMB48と兼任した。今年10月からは新潟を拠点に発足するNGT48と兼任することが決まっている。「新たな土地である新潟で、成功させると燃えております」。

 スピーチの最後に司会の徳光和夫から「ゆきりん、満足?」と聞かれると、しばらく考えた末に「満足です!ありがとうございます」と、にこやかに返していた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス