文字サイズ

N党立花党首 ガーシー議員と品行方正に「議員実名暴露」述べる配信 BAN対策、ドバイ面会で

 NHK党の東谷義和参院議員(ガーシー)がユーチューブのメインアカウントが停止(BAN)され、別アカウントで国会議員の実名を挙げて「暴露予告」した生配信が強制終了されたり、別人物との共演動画が削除されるなどしている件で、同党の立花孝志党首が4日配信動画で、近くドバイでガーシー議員と面会し、実験的な「暴露配信」を行う考えを示した。

 アカウント停止や動画削除は、「利用規約違反」したことが原因とみられるが詳細は不明。立花党首は、これまでも必ずしも「暴露」自体は違反に当たらず、激しい話し方などが問題とされているのではないかと分析しており、最近削除された動画にも、「違反」にあたる行為を予告したことが理由ではないかと分析した。

 そのうえで6日にドバイに出発する予定を示し、現地で自身のユーチューブチャンネルからガーシー議員との共演動画を配信する予定を明かした。

 自身のユーチューブチャンネルについて「僕のこのチャンネルは基本的にノーストライクですので…実はノーストライクなんです!」と、意外に警告歴などはゼロであるとうれしそうに説明し、「ガーシーとコラボをしてみて、ガーシーには利用規約違反にならないように、かつ、僕は暴露をやってもらいたいと思ってるんです」と語った。

 BAN対策として「いわゆる言い方ですね、脅迫じみた言い方にならないように、(淡々と)議員の誰々さんがこういうことをしています、と実名で暴露してもらおうと思っています」と述べた。「ガーシーがダメだったら無理なんですが、そういうコラボをしてこようと思っています」と語った。

関連ニュース

編集者のオススメ記事

芸能最新ニュース

もっとみる

主要ニュース

ランキング(芸能)

話題の写真ランキング

デイリーおすすめアイテム

写真

リアルタイムランキング

注目トピックス