文字サイズ

ヒロミ、更年期障害を赤裸々告白「意味が分からない不安」発汗、息苦しさも

 タレントのヒロミ(57)が14日、日本テレビ系「スッキリ」で、男性の更年期障害になったことを告白し、症状を説明した。

 番組では最近増えてきたという男性の更年期障害について特集。40代男性の6人に1人がかかっているとも報じた。

 ヒロミはこの更年期障害に悩まされたといい「50歳過ぎてぐらい。どうしたんだろうというのはあって、病院へ行って診断してもらって、今でも薬は飲んでいる」と打ち明けた。「(症状は)改善されていると思ってるが、飲まなくなるのはまだあれなので、飲んでいる」と薬による治療は現在も続けているという。

 症状は「急に来たりする」といい「男の人は(更年期障害は)ないと思っている人が多いけど絶対にある」とも断言。ヒロミは「不安やほてりとか、動悸(どうき)とか。テレビとかでも緊張しないのに、ある時から本番前に不安に思う。漠然と大丈夫かな?立ってられるかな?とか。意味がよく分からない変な不安」と、精神的な変化があったという。

 発汗や息苦しさもあったといい「苦しいなってネクタイを緩めたり。僕がネクタイを緩めたらそうだと思って下さい」ともコメントした。

 この症状が出始めた時に「ママに相談して。ママは病院通なんで、これは病院行った方がいいねって」と妻の松本伊代がすぐに病院に連れて行ってくれたことが回復につながったという。

 結果、更年期障害と診断されたが「病名がついたのが第一」「年だから?鬱なのかな?っていう不安が、病名がついたから、どうすればいいの?こうすればいいのねって認識ができた」と、病名が分かったことでかなり不安も軽減された。

 「男は強がりだから、自分はまだまだ若いとか、(更年期には)ならないと思っている人がいるが、少しでも(症状が)あれば、病院に行ったらいい」と自らの体験から、受診を勧めていた。

関連ニュース

編集者のオススメ記事

芸能最新ニュース

もっとみる

主要ニュース

ランキング(芸能)

話題の写真ランキング

デイリーおすすめアイテム

写真

リアルタイムランキング

注目トピックス