文字サイズ

細野晴臣 コロナ禍で「空白の2年間 年も年だしどうなるか全く分からない」

 自身のドキュメンタリー映画の舞台あいさつを行った細野晴臣
 自身のドキュメンタリー映画の舞台あいさつを行った細野晴臣
2枚

 音楽家の細野晴臣(74)が21日、埼玉県・ところざわサクラタウンで行われた自身のドキュメンタリー映画の上映会に登場し、コロナ禍を経ての心境の変化を明かした。

 同所でデビュー50周年記念展「細野観光1969-2021」が開催されていることから「NO SMOKING」「SAYONARA AMERICA」の2作が限定上映中。18年と19年に海外で行ったライブ映像などが収められている。

 ともにコロナ禍以前の映像となっており「アメリカだったり、イギリスだったり、今だったら行けない。この2年間の騒ぎの中でじっとして、あんまり音楽に触れないで過ごしてきた。空白が2年間続いたんです。真っ白になっちゃった。年も年だし、どうなるかまったく分からない」と吐露。世界の情勢に影響を受けながらも、自身の変化を見定めている状態という。

 再スタートの場として6月には大阪で久しぶりのライブが待機しており「リハビリのつもりで楽しめたら。不安ですし、怖いですよね。よくやっていたと思う」と苦笑い。新作アルバムの準備を進めており、フラメンコギター「アルカンヘル」を使用する構想という。

 YMOの坂本龍一は直腸がんの手術を経て、3月に復帰したばかり。4月には「エイプリル・フール」でともに活動した小坂忠さんが逝去し「小坂忠が亡くなってショックだったんですけど、よく考えたらそういう年齢。それぞれの生命力に委ねるしかない。できる限りでやっていくしかないですし、みんなも元気でやってほしい」と呼びかけた。

関連ニュース

編集者のオススメ記事

芸能最新ニュース

もっとみる

主要ニュース

ランキング(芸能)

話題の写真ランキング

デイリーおすすめアイテム

写真

リアルタイムランキング

注目トピックス