文字サイズ

林家三平 激ヤセではなく筋トレだった!ライザップで18・6キロ減量成功

 落語家の林家三平(51)が26日、都内で「RIZAPボディメイクグランプリ2021」に出席。肥満体形を改善するためにライザップに通い、18・6キロ減の減量を成功させた事を明かした。

 4カ月のジム通いで体重74・4キロから55・8キロまで減量。以前と比べておなかがスッキリし、この日はタキシード姿でヘルシーボディをアピール。4カ月前の全身写真を見た三平は思わず「ひどいですね」と笑っていた。

 コロナ禍のステイホームで肥満が加速し、妻から「雪だるま」と指摘された事に加え、5歳となった息子の前で「お父さんの威厳を持とう」とライザップを開始。妻からは「結婚前のあなたに戻ってもう一度ときめかせて」と言われたという。

 筋トレメインで鍛え上げ、SNSで激ヤセが話題になるまで減量に成功。この日の放送回で卒業する日本テレビ系「笑点」のメンバーからは「スマートになって良かったねと言われた。高齢の方もいるので『栄養付けなよ』とよく言われた」と明かしていた。

 自身の体形から「体は初代三平に近づいたので、この後は芸事でも近づきたい」と目標を設定。囲み取材の最後には「トレーニングとかけまして、大喜利と解く。その心はどちらも筋を鍛えています」と謎かけを披露、報道陣の反応に「(笑うまでに)時差があったと思ったんですけど」と苦笑いを浮かべた。

関連ニュース

編集者のオススメ記事

芸能最新ニュース

もっとみる

主要ニュース

ランキング(芸能)

話題の写真ランキング

デイリーおすすめアイテム

写真

リアルタイムランキング

注目トピックス