文字サイズ

ニューヨークに悲劇 水ダウ「帯」番組、ガチ視聴者から厳しい声で水ダウファン同情

 22日にTBS系で放送された「水曜日のダウンタウン」の企画で誕生した帯番組「すてきに帯らいふ」が22日深夜に同局で放送されたが、「水ダウ」企画と知らないガチ視聴者が、ニューヨークのMCに「ミスキャスト」などとつぶやき、ファンからは同情の声が上がった。

 「すてきに帯らいふ」は、水ダウの企画「ホントドッキリ」で誕生したもの。TBSで深夜の帯番組MCの仕事があると言われたニューヨーク、マヂカルラブリー、さらば青春の光の3組の中で、一番前向きだったコンビにMCを担当してもらうというもの。

 最初は月~金の「帯番組」と勘違いしていた3組だが、次の打ち合わせで着物の「帯」番組だと知り、さらばとマヂラブはアンケートに「特になし」と書いたり、不満をもらすなどして失格。最後までドッキリを疑わなかったニューヨークに白羽の矢が立った。

 ニューヨークは帯の知識はゼロで「水ダウ」の中では作家の岩下尚史から休憩中に説教を食らう場面が紹介されたほど。また西陣織、博多織、桐生織の3大帯激論でも質問が出来ず、プレゼンターの髪形を褒めるのが精いっぱい。嶋佐が言葉を発することができず、屋敷が「てめぇ」などと気色ばむシーンもあった。

 「水ダウ」から流れた視聴者はこのやり取りも楽しんだが、中にはもちろん「水ダウ」を知らずに見ている人も。ネットでは「内容は知的でとても勉強になりましたが、ニューヨークというMCがキャスティングミスだと思いました」「MCニューヨークでどうなることかと」「クッソつまんない!」「帯きれいなのに司会が全く興味ないのヤバイ」「せっかくいい番組なのにMCの腕なさすぎ」など、ガチ視聴者からの厳しい言葉もあがった。

 だが「水ダウ」からの視聴者は「楽しめたよ」「着物好きにはありがたい番組」「ふざけた番組と思ったらきっちり作っててビックリ」「ニューヨーク最高」など絶賛の声も上がっている。ニューヨークの屋敷はツイッターで「みなさん、ちょっとマジで、副音声ありで見てください」と呼びかけていた。

関連ニュース

編集者のオススメ記事

芸能最新ニュース

もっとみる

主要ニュース

ランキング(芸能)

話題の写真ランキング

デイリーおすすめアイテム

写真

リアルタイムランキング

注目トピックス