文字サイズ

サチモスのHSUさん急死「戸惑い悲しんでおります」19年に腫瘍手術

 Suchmosのベーシスト・HSUさん
2018年のNHK紅白歌合戦で演奏するSuchmosのベーシスト・HSUさん
2枚

 ロックバンドSuchmos(サチモス)のベース、HSUこと小杉隼太さんが死去したことが15日、明らかになった。32歳だった。公式HPで発表された。亡くなった日時などは明かされていないが、葬儀は遺族の意向で近親者のみで執り行われたという。

 HSUさんは2019年6月、体調不良で入院し、精密検査の結果、腫瘍が見つかり、摘出手術を受けたという。手術は成功し、回復に向かっていると当時は、報じられていた。

 HPでは「メンバー、スタッフ共に、未だに現実を受け止めきれない状況で、戸惑い悲しんでおります」とつづられている。「皆様におかれましても静かにHSUを見送っていただけますよう、お願い申し上げます」「HSUの冥福を心より祈ると共に、生前HSUに多大なるご厚情と応援をいただいた皆様に心より感謝申し上げます」とも記載されている。

 サチモスはボーカルのYONCE、ギターのTAIKING、ドラムスのOK、DJのKCEE、キーボードのTAIHEIからなる男性6人組。2013年に結成し、ロック、ソウル、ジャズ、ヒップホップなど多様な音楽から影響を受けたオリジナルなスタイルを確立をさせた。2016年には「STAY TUNE」がヒット。18年には紅白歌合戦に出場した。今年2月、活動休止を発表。理由については「修業の時期を迎えるため」としていた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス