文字サイズ

A.B.C-Z“新伝説”コンサート会場へ自力旅!舞台製作発表で仰天プラン&即実行

 ジャニーズの5人組・A.B.C-Zが13日、主演と演出を務める舞台「ジャニーズ伝説」(12月7日開幕、東京・帝国劇場)の製作発表に、特別出演する元光GENJIの俳優・佐藤アツヒロ(48)と出席した。タイトルになぞらえ、メンバーの河合郁人(33)は「今から伝説を作ります!」と宣言。会見後、この日午後6時から香川県で行われたコンサートに5人で自力移動する仰天プランをブチ上げ、新幹線と在来線を乗り継ぐというアイドルらしからぬ“珍道中”を敢行した。

 “新伝説”を刻む!東京での会見で、河合は「コンサート会場へ自力旅in香川」と称したボードを掲げ、「マネージャーさんたちなしで、自分たちだけで行きます!」とサプライズ発表した。そこには現役ジャニーズとしては異例の移動行程表まで明記され「今までアイドルで移動の便をバラした人ないでしょ」と河合。塚田僚一(34)は「あくまでファンが少ないってことじゃないですよ」と力説し笑いを誘った。

 5人は会見終了から30分後にJR品川駅発の新幹線に乗車。岡山から快速「マリンライナー」に乗り継ぎ、瀬戸内海を渡って強行軍で移動した。もちろん切符購入も自力だ。

 大先輩の佐藤から「伝説って仕掛けるものなの?」とツッコミを受けながらも、河合は「(前社長の)ジャニーさんは毎回、会見のときにサプライズ発表を考えていた。僕たちがDVDデビューするってことも(2011年の舞台)『ABC座』の会見の時だった。その精神を受け継いでます」と説明。世間の意表を突く演出がお家芸だった恩師の“イズム”を継承した。河合の発案で珍道中を強いられた?戸塚祥太(34)も「移動すらエンターテイメント」と受け止めた。

 5人は出発から約5時間半の旅を経て、午後4時30分頃に高松・レグザムホールに到着。同6時からコンサート「2021 But FanKey Tour」開演にこぎ着けた。無事のゴールに「バッドな伝説じゃなくてグッドな伝説になって良かった!」と戸塚。12月の舞台上演に向け、これ以上ない弾みをつけた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス