文字サイズ

坂上忍「やっぱり、震えたい」 1日で6千万円負けてもギャンブル辞められない理由

 俳優・坂上忍が25日、カンテレ(関西テレビ)で放送された「おかべろ」に出演。ギャンブル愛を語った。

 芸能界きっての大のボートレース(競艇)マニアとして知られる坂上。「20年ぐらいは年末、大みそか、ほんとに全額いってました。ほぼほぼお札は全部ですね」と毎年、大みそかのボートで全財産をつぎ込んでいたことを豪快に明かした。

 「僕、そもそもだらしなくて、もともとそんなに勤労意欲がある方でもない」とし、(1)全額つっこんで勝てば働かなくてすむかもしれない (2)全額すってしまえば、働かざるをえない--という2つの理由で、毎年大みそかに全額をつぎ込み続けていたことを説明。実際に「(勝って仕事を)1年休みました。どえらい勝ちました」と笑った。

 逆に、最も負けたのは「およそ6000万」とすっぱり。全財産をつぎ込む理由を「1レース、1レース崩壊していく、もう死ぬんだろうな、って感じ。その感覚、体が覚えちゃって」「全てがなくなる(感覚)って分かります?」と苦笑。

 そんな思いをしてでもギャンブルをやめられないのは「やっぱり…、震えたい」と坂上。「(大みそかギャンブルのおかげで)そうそうのことでは緊張しなくなります」と話し、ナインティナイン・岡村隆史らを笑わせた。

 現在は「動物をお世話する施設(保護センター)」を作ったことから、そこに私財をつぎこんでおり、「残ったのを年末にボートにつっこんでる」と説明。「だからほんっとに金ないんですよ」と話していた。

 坂上はこれまでに、1日に6000万円負けたのは15年末と明かしている。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス