文字サイズ

竹山、小室圭さんに「1人会見」提案 眞子さまが質問のブレーキになることを懸念

 タレントのカンニング竹山が22日、フジテレビ系「バイキングMORE」に出演し、秋篠宮家の眞子さまと10月にも結婚すると伝えられている小室圭さんに、1人で会見することを提案した。

 小室さんは9月末に米ニューヨークから一時帰国、2週間の隔離期間を経て10月中旬に眞子さまとともに会見し、その後、眞子さまの誕生日である同月23日の前後で婚姻届を提出すると見られている。

 皇室ジャーナリストの近重幸哉氏が、会見は事前に提出された質問に答える形になると説明。おぎやはぎの小木博明は、小室さんの金銭問題について「言わなかったら、それは本人が(質問を)省いたことになる」と疑いの目を向けた。

 ここで竹山は、小室さんがまず1人で会見することを提案。「勝負の会見だけど、それをやらないと筋が通ってないような」といったん1人で矢面に立つことをすすめた。

 司会の坂上忍も「1人で、を飛ばして2人で会見して、金銭問題にもしも触れないってなったら、眞子さまを利用した感が出ちゃって」と竹山案に賛成した。「眞子さまを同席させることで、(金銭問題を)質問させないっていう空気になっちゃう。それは男らしくない」と眞子さまが防波堤のようになってしまうことを懸念。ケジメをつけてから、晴れやかなツーショットを披露することを求めた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス