文字サイズ

正司敏江さん死去、脳梗塞で 夫婦漫才「敏江・玲児」 大きなピンクのリボンに着物で

 正司敏江さん=2019年8月撮影
 横山たかしさん追悼公演に出演した(前列左から)酒井くにお、三吾、正司敏江さん=2019年8月撮影
正司敏江・玲児
3枚

 夫婦漫才コンビ「正司敏江・玲児」として人気を博したタレント・正司敏江=本名・及川キミコ=さんが18日午前1時59分、脳梗塞のため大阪市内の病院で亡くなった。80歳だった。松竹芸能が発表した。

 昭和15年(1940年)11月9日生まれ。香川県小豆島出身。 夫婦漫才コンビ「正司敏江・玲児」として人気を博したタレント・正司敏江=本名・及川キミコ=さんが18日午前1時59分、脳梗塞のため大阪市内の病院で亡くなった。80歳だった。松竹芸能が発表した。同社への取材によると、敏江さんは8月末に自宅で脳梗塞で倒れ、大阪市内の病院に救急搬送された。意識はなく、その後も病状が好転することはなかった。最期は1人娘に看取られて旅立ったという。

 昭和15年(1940年)11月9日生まれ。香川県小豆島出身。葬儀はこの日、東大阪市で近親者のみで執り行われた。お別れ会などは、今のところ予定されていない。

 大きなピンクのリボンを頭につけ、着物の振り袖を大きく揺らし、正司玲児さん(2010年死去)との“どつき漫才”で観客を沸かせた。

 1957年、「かしまし娘」の住み込み女中となり、62年、正司芳江、利江(のちの敏江)、春江のトリオで「ちゃっかり娘」を結成。64年に玲児さんと結婚し、68年に夫婦漫才コンビでデビューした。新作漫才を披露した際、玲児さんと舞台上でどつき合いのケンカになってしまったが、逆にこれが観客に大ウケし、以後、お互い殴る、蹴る…、時に舞台の袖あたりまで飛ばされていく“どつき漫才”ができあがったという。

 76年に玲児さんと離婚後もコンビを継続し、離婚ネタも披露するなど漫才はパワーアップ。2010年の玲児さんの死後はピン芸人として活躍した。気さくな人柄で、劇場では客席まで降りていき、観客と会話しながら憎まれ口をたたくキャラクターで沸かせた。

 19年8月、大阪市内で行われた横山たかしさんを偲ぶ会では、“客席”の出席者をイジりながら、軽妙な笑いをとっていた。

 最後の舞台は20年2月、大阪・心斎橋角座。以降は新型コロナウイルスの感染拡大を受け、事務所が高齢であることを配慮し、仕事を入れていなかったという。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス