文字サイズ

河村市長謝罪も トヨタに入れず「カノッサの屈辱」トレンド1位 門の前で3日裸足?

 金メダルをかじったことについて陳謝する名古屋市の河村たかし市長=5日午後、名古屋市役所
首に掛けられた後藤希友(右)の金メダルをかじる河村たかし名古屋市長=4日、同市役所(提供・共同通信社)
2枚

 5日夜、ツイッターのトレンドワード1位に「カノッサの屈辱」なるワードが急浮上した。11世紀にローマ教皇グレゴリウス7世と対立して破門となった神聖ローマ皇帝ハインリヒ4世が、赦しを請い、雪の中、城門の前で裸足になって3日間、悔悛の姿を示して面会を求めたとされることを指すが…。

 名古屋市の河村たかし市長が5日、表敬訪問に訪れた東京五輪・ソフトボール女子の後藤希友投手(トヨタ自動車)の金メダルを噛んだ行為に対する謝罪会見を行ったが、これに先だって訪問したトヨタ本社には入れなかったとして「僕はちょっと離れて。車の中からお詫びしときました」と語り、副市長らが謝罪文を届けたと説明した。

 この動きにネット上では「カノッサの屈辱」と例える投稿に「令和のカノッサの屈辱は笑う」「誰が上手いこと言えとw」と反応する流れが拡散。門の前で3日間の悔悛が必要そうな状態をネタにする投稿が相次いでいる。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス