文字サイズ

橋下徹氏、米子松蔭野球部問題 高野連へ「保身のためのゼロリスク追及としか思えない」

 元大阪市長で弁護士の橋下徹氏が19日、フジテレビ系「めざまし8」で、鳥取県の米子松蔭高の学校関係者が新型コロナに感染し、県大会を辞退した問題で、改めて「高野連ってなんですか」と厳しく断じ、「最後は菅さんのひと言を期待してます」と菅義偉総理の言葉も期待した。

 番組では学校関係者に新型コロナ陽性者がでたことから県大会を辞退した米子松蔭野球部の問題を取り上げた。橋下氏はこの問題が発覚してからツイッターで意見をつぶやいてきたが、この日も野球部員への思いを爆発させた。

 「部員じゃないんですよ?それで試合に出られないって、今のオリンピック見て下さい。選手団の中に陽性者が出てもあの手この手尽くして試合に出させるんですよ?」と五輪と比較。チームメートに陽性者が出ても他のチームメンバーは出られることも挙げ「オリンピックでそうやっていきましょうってなってるのに、高野連ってなんですか」と怒りをにじませた。

 「感染者が1人でも出ると、自分たちが責められる。その批判をかわそうという思いで責任逃れ。保身のためのゼロリスクの追及としか思えない。子供達のことを考えたらあの手この手尽くしてなんとか参加させることを考えるべき」と高野連に対しての意見を訴えた。

 ただいったん、対戦相手は勝利が確定したことから「対戦相手の理解は求めないといけない」とも付け加え、感染者も「十字架を背負っていきますよ」と、自分を責めてしまうと指摘した。

 そして「ゼロリスクを求めすぎるとこうなる。ゼロリスクなんてない。子供達が出られないことでの一生のリスクとのバランスを考えたら感染のリスクの方が少ない。人生のリスクの方が大きい」とも訴え「最後は菅さんのひと言、期待してます」と菅義偉総理の“ひと言”も求めていた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス