文字サイズ

若狭勝氏、小池都知事は「普通のおばさん」 激務を心配「よくここまでと率直に思う」

 弁護士の若狭勝氏が23日、フジテレビ系「めざまし8」で、かつて新党結成でタッグを組んだ小池百合子都知事の休養について「相当疲れている」「体調を案じている」と心配の声を上げた。

 番組では小池知事が過労で入院した話題を伝えた。ゲストで出演した若狭氏は、一緒に仕事をしていた頃を振り返り「基本的には元気でタフな人。風邪を引いて咳き込むのは見たことはあるが、相当疲れている感じはする」とここ数日の小池知事の様子を気にかけた。

 東京五輪、パラリンピックを目前に控え、さらに新型コロナ対策という大きな問題を抱えていたことから「よくここまで来ていると率直に思う。私などだったら半年前に倒れているぐらいのすごい状況」と相当な激務だったと想像。

 休みがあっても「家で全くオフはあり得なくて、ずっといろんな事を考えていると思いますし、体調を案じている」と心配した。

 谷原章介が「無理をされる方なんですか?」と質問すると「すごいまじめで一生懸命。目の前の課題、その先も見据えて真剣に考えるのは確か」とその人柄を明かし「確かに政治的にはいろんなことを言われるが、真摯に真面目なのは間違いない。相当疲労が蓄積されたと思う」とも語った。

 若狭氏は何度か小池知事の自宅にも行ったことがあるといい「ペットの犬をかわいがる普通のおばさんなんです。ペットが糞をすると追いかけて拭いたりする姿が脳裏に蘇ってくる。普通の人なんです」ともコメント。

 「そういう普通の人なんで、そういう意味では、課題が大きすぎるから体調を崩すのは不思議はない。それだけ頑張っていた」とも語り、1日も早い回復を願っていた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス