文字サイズ

キムタク 海外ドラマ初出演 全編英語の超大作でキーパーソン「THE SWARM」

 俳優の木村拓哉(48)が超大型国際ドラマ「THE SWARM(原題)」(来年全世界同時放送&配信開始予定、全8話)に出演することが15日、分かった。独仏伊など欧州各国の主要放送局とHulu Japanが共同製作する、世界各地を舞台にした海洋SFサスペンス超大作。海外制作ドラマ初参加となる木村は、人類の危機に立ち向かう科学者グループの一つを指揮する財団の創設者役を演じる。

 木村に“日本代表”として白羽の矢が立った。映画「ハンナ・アーレント」に主演した独女優バルバラ・スコヴァら10カ国超からえりすぐりのキャストが集う超大作。熱烈なオファーを受け、満を持して海外制作ドラマに初参加する。

 原作はフランク・シェッツィング氏による同名の世界的ベストセラー小説。深海に生息する未確認知的生物の群れに直面する人類の闘いを描くもので、製作総指揮は世界的大ヒットドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」の主要プロデューサー、フランク・ドルジャー氏が務める。

 木村が演じるのは海洋問題に取り組む“ミフネ財団”創設者で、人類の危機に立ち向かう科学者グループの一つを組織して自らチームを指揮するアイト・ミフネ役。後半部分のキーパーソンで、ドルジャー氏は「クリエイティブ面での最大のチャレンジの一つは原作をいかにより現代的にブラッシュアップするか。そのために物語を北米、欧州を超えて拡大することを考えた。木村拓哉さんという知性と威厳を兼ね備えた素晴らしい役者さんと出会えたことは大きな喜び」と期待する。

 「ゲーム-」が大好きという木村は「そのチームからのオファーがあった際は、素直にうれしい気持ちでした。原作の世界観の完成度が高く、この世界観の中に自分が参加できることを大変うれしく思います」と喜び、「どんな役であれ、いただいた役柄を大切に演じたい」と意気込む。

 全編英語で、イタリアで行われる撮影は今月からスタート予定。世界的にコロナ禍が続くだけに「細心の注意を払って現場に赴きたい」とも語った。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス