文字サイズ

礼真琴「新たな息吹を」 8年ぶり宝塚星組「ロミオとジュリエット」公演

 宝塚星組公演の「ロミオとジュリエット」が16日、東京宝塚劇場で開幕した(5月23日まで)。星組では2013年以来3度目の上演。13年の新人公演でロミオ役を演じ、鮮烈な印象を残した礼真琴(れい・まこと)が、星組トップスターとして再びロミオ役に挑んでいる。

 開演を前に礼は「8年ぶりの再演となる『ロミオとジュリエット』に新たな息吹をもたらすことができるよう、また、このような状況の中、お越しいただいたお客さまに“平和”と“愛”、そして“勇気”をお届けできるよう、出演者一同、情熱を注いでまいります」と意気込んだ。ロミオのモンタギュー家と対立する、キャピュレット家の令嬢・ジュリエットは舞空瞳(まいそら・ひとみ)が演じている。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス