文字サイズ

元NMB植村梓 TVで突然脱退理由「アンチが騒ぐから」 悪口言うためじゃない

 元NMB48の植村梓が16日、ツイッターに投稿。同日未明放送のテレビ東京「じっくり聞いタロウ~スター近況マル秘報告~」で、18年12月に突如、NMB48に「活動辞退」を申し入れ、脱退した理由を明かしたことに「グループの悪口を言いたくて テレビに出たわけではないです」とツイートした。

 「やめた理由を言わなかったら言わなかったでずっとアンチが騒ぐから 理由の1部を言ってみました」と説明し、「まあ、これを言ってもアンチはずっとアンチなんだけど!思ってた事思ってる事ちゃんと話そうとおもうのでアンチもファンの方も待ってて下さい!」と記した。

 植村は16歳の時に、山田菜々の後継者としてオーディションに合格しメンバー入り。お披露目の日に、中学生の頃に交際していた男性とのキス写真がネットに流出して大炎上するという波乱のアイドルデビューを飾った。

 番組では脱退について、20歳までには卒業したいと考えていたが、19歳の頃は「仕事も増えて、事務所からはもうちょっと辞めるのは待ってと言われてて」と引き留められていたと説明。

 しかし、ある日、マネジャーから急に電話があり「バーに行っていないか?」と未成年の植村に確認があったという。植村は「いないです」と否定するも、そのマネジャーは「俺の友達が見たって言ってる」と引かず。植村は「それを言われてもういいやと。『明日辞めます』って。それで辞めました」と語った。卒業公演の話もあったというが「そんなグループでやりたくないですって(断った)。話し合えば平和に卒業できたんでしょうけど…」と振り返っていた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス