文字サイズ

小沢一郎氏が政権に苦言「五輪があるから、やってるふり」「ワクチンも無計画」

 立憲民主党の小沢一郎衆院議員が12日、公式ツイッターに新規投稿。菅義偉首相が同日の衆院決算行政監視委員会で新型コロナウイルス感染再拡大について「国民に緊張感を持って対応いただくことが極めて重要」と述べたことを受け、「緊張感が一番ないのは政権」と苦言を呈した。

 小沢氏は「どう見ても緊急事態宣言レベルなのに、五輪があるからと中途半端な蔓延防止措置でやってるふり」と指摘。「国民にもそれが伝わっているから、もはや誰も政府の言うことをまともに聞かず、街は人で溢れかえっている」と現状を分析し、「信頼なき政治の帰結。限界が近づいている」と見解をつづった。

 さらに、小沢氏は連続投稿。菅首相が同委員会での答弁で重症化リスクの高い高齢者へのワクチン早期接種に意欲を示しつつ、国民全体の完了時期は明言しなかったことについて「ワクチン計画を明示する諸外国の指導者に対し、見通しを全く示さないのになぜか誇らしげな我が国の総理」と疑問を呈した。

 その上で、小沢氏は「ワクチンは多くの方々が計画的に接種して初めて意味がある。『まずは優先すべきところから』とは詭弁で、無計画性を正当化しているに過ぎない。積極的検査もなくワクチンもなければ先は見えない」と懸念した。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス