文字サイズ

上沼恵美子 M-1審査のネット反応「ひとっつも怖くございません!」

 タレント・上沼恵美子が10日、読売テレビ「上沼・高田のクギズケ!」に出演。毎年年末恒例の「M-1グランプリ」の審査員を務めているが「しんどい」「M-1の審査員というのはやりたくないです」と吐露し、昨年の2020年大会をもって「審査員を一掃された方がいい」と語った。M-1の審査員は上沼、ダウンタウン・松本人志、オール巨人らが務めている。

 上沼は2019年の大会後も審査員を「やめます」などと発言。昨年12月の決勝でも審査員は「最後」などと口にし、波紋を広げている。

 上沼はM-1後に新幹線で大阪に戻った。新大阪駅では「若い子」から「審査員辞めるんですか?」と聞かれ、「辞めんといて、みたいに言われた」と明かし、「ありがとうね」と感謝。その上で「私は(審査員を)喜んでやってるわけじゃないので。偉いなんて思ってないし。私、お姉ちゃんと漫才やってたの、5年やもん」と自身は姉妹漫才コンビ「海原千里・万里」として5年間しか漫才をやってない、と説明し、「私、自信ないです」「(ネットで)叩かれたり、しんどいねん。乗り越えられない。この年になったらしんどいんです、かなわん」とも話した。

 「でも、言っときますけど、冗談半分で審査なんかやってません!」と声を張り、「真剣。M-1においては、一番面白い人を最後に入れてます!信念です。こないしといた方がウケがええんちゃうか、ネットで騒がれへんのちゃうか…、そんな(こと)ひとっつも怖くございません!真正面で受け止めてやってます。そのへんは理解していただきたいんです」とM-1審査においての揺らぎない信念をカメラ目線で訴えていた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス