文字サイズ

宝塚音楽学校 2カ月遅れで入学式 返事なし、校章付けの“儀式”もなし

 座席の間隔を空けて行われた宝塚音楽学校の入学式
 歓迎の辞を読む本科・鳴瀬陽さん=兵庫・宝塚大劇場ロビー
2枚

 タカラジェンヌを育成する宝塚音楽学校(兵庫県宝塚市)第108期生40人の入学式が5日、兵庫・宝塚大劇場ロビーで行われた。当初は4月17日に行われる予定だったが、新型コロナウイルス感染拡大で、戦後初の延期となった。

 入学式は換気を重視し、学校の講堂から大劇場ロビーに移した。来賓も極力絞り、保護者も2人まで。飛沫感染を避けるため、名前を呼ばれても返事せず起立のみで、国歌や校歌斉唱も音源だけが流された。本科生に校章を付けてもらう儀式なども、濃厚接触を避けるため中止となった。

 3月27日に行われた合格発表も学校掲示板ではなく、同校のホームページだけでの発表と異例づくし。小林公一校長は「合格発表も入学式も、例年とは異なる形で行わざるをえなくなりましたが、それは逆に、入学したときからすでに注目される期生になったということでもあります」と式辞。「だからこそ一生懸命努力して、夢の実現に向け、着実に一歩ずつ成長していってほしいと思います」とエールを送った。

 新入生代表の奥山映美(えいみー)さんは2カ月遅れの入学式に「早く学びたいという気持ちを募らせていました」と吐露。「レッスンができない日々が続いていましたので、心身共に合格時の状態を保てるように努めました」と自宅待機期間中の様子を明かした。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス