文字サイズ

宝塚宙組トップ・真風涼帆、SF作品に「想像力と集中力の限界に挑戦」

会見に出席した(左から)芹香斗亜、真風涼帆、星風まどか=都内
会見に先立ち、パフォーマンスを披露した(左から)芹香斗亜、真風涼帆、星風まどか=都内
会見に先立ち、パフォーマンスを披露した(左から)芹香斗亜、真風涼帆、星風まどか=都内
3枚

 宝塚歌劇団宙組公演「FLYING SAPA-フライング サパ-」(3月30日~4月15日、東京・赤坂ACTシアター)の制作発表会見が27日、都内で行われ、主演の同組トップスター・真風涼帆、娘役トップ・星風まどからが出席した。

 未来の水星を舞台にとしたオリジナルのSF作品。これまでにない設定に、真風は「普段の役作りとはちょっと違う感覚があるので、自分のイマジネーションや想像力だったりが、かなり大きく反映していく」と話した。

 同席した作・演出の上田久美子氏から“ネタバレ”を固く禁じられたこともあり、役柄の具体的な説明は行わず。現状の稽古状況については「日々、自分が更新して、模索して、自分の想像力と集中力の限界に挑戦、みたいなところが楽しくなっている最中です」と明かした。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス