文字サイズ

小林旭「熱き心」で妻送る 青山京子さん告別式で詩を朗読

 俳優・小林旭(81)の妻で、12日に肺がんで死去した元女優・青山京子さん(享年84)の告別式が23日、都内斎場で営まれた。

 喪主の小林は取材対応しなかったが、関係者によれば、自身のヒット曲を彩った言葉で最愛の妻を送ったという。青山さんは書のたしなみがあり、親交があった書道家・小澤蘭雪さんからは「北へ」、「ついて来るかい」から始まる、夫が歌った数々の曲が織り込まれた詩が贈られた。

 小林は喪主あいさつでも、ひつぎにも納められたこの詩を引用し朗読。最後は「皆さまの『熱き心』をいただいて、本人も悠々と旅立つことができました。ありがとうございました」と、1985年発売の代表曲を織り込んで謝意を示した。祭壇はシンプルで、蘭などさまざまな花が並んだ。

 18日には映画「渡り鳥」シリーズなど数多くの作品でライバルを演じた宍戸錠さんも死去。ショックが重なった状況にも関わらず、小林は気丈に振る舞ったという。

 出棺の際には、長男の一路さんが位はいを抱いた。式には俳優の高橋英樹(75)、なべおさみ(80)、丹古母鬼馬二(70)ら約100人が参列した。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス