文字サイズ

長澤まさみ出演に大森南朋「まさか出てくれるとは」田中哲司「無理、無理、無理と」

舞台「神の子」の東京公演初日を迎え、会見した大森南朋(左)と長澤まさみ=東京・本多劇場
3枚

 俳優の大森南朋(47)、田中哲司(53)、長澤まさみ(32)らが15日、東京・本多劇場で舞台「神の子」の東京公演初日を迎え、会見を開いた。

 大森、田中、赤堀雅秋(48)による演劇ユニットが約4年ぶりに復活。作・演出は赤堀で、警備員と若い女性との出会いから物語が展開する。

 ヒロインを演じる長澤には大森が“ラブコール”を送った。「ファンだったんですよ。まさか出てくれるとは思わなかった、あの時は。赤堀の作品に意外と興味を持たれていたので、これはいいんじゃないかな。じわじわと行きました」と告白。田中も「無理だと思っていました。3人で飲みながらメール送ってたりしたんですけど、無理、無理、無理と。遅くなってから返事が来て、“出るじゃん”と思いました」と明かした。

 長澤は「15~16歳の時からお付き合いのある先輩。かわいがってもらっていましたが、なかなか一緒にお芝居できる機会がなくて。赤堀さんの作品をやってみたいと思っていたので、ラッキーでした」と、出演を決めた理由を説明していた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス